サービス一覧・料金表

当事務所のサービスメリット

  • 「行政書士事務所」兼
    「特定技能外国人の登録支援機関」

    外国人ビザ関連手続きの専門家である行政書士が、登録支援機関として特定技能外国人の支援業務を行います。
    これにより、行政書士として特定技能ビザ関連手続き等のサポートを、また、登録支援機関として特定技能外国人の支援業務をスムーズに行うことができます。

  • カンボジア人専門登録支援機関

    カンボジア人と国際結婚している女性行政書士による、カンボジア人を専門とした登録支援機関です。
    お気軽に、安心して、カンボジア人の雇用、特定技能ビザ関連手続き・支援についてご相談ください。

  • カンボジアの現地送出し機関と連携・協力

    当事務所は、カンボジアの現地送出し機関と連携・協力して、特定技能ビザ関連手続き・支援業務を行います。
    現地にいるカンボジア人求職者・内定者等とスムーズなやり取り、カンボジア語通訳者の確保、最新の現地情報の入手等が可能です。

☆ご注意

  • ・サービス料金は全て税別表記となっております。
  • ・サービス料金は報酬額の目安となります。具体的な金額は、お客さまの状況やご依頼内容により異なりますので、個別にお見積りさせていただきます。
  • ・特定産業分野により、内容が異なる場合があります

特定技能1号外国人受入れ フルサポートプラン

特定技能1号外国人の受入れに関する手続きをフルサポートいたします。

サポート内容

  • 〇特定技能1号外国人のビザ申請手続き(行政書士業務)
    • ・海外からの呼び寄せ(在留資格認定証明書交付申請)
    • ・国内に在留中の外国人(在留資格変更許可申請)
    • ・受入れ中の特定技能1号外国人の在留期間更新許可申請
  • 〇特定技能1号外国人への支援サポート(登録支援機関としての支援業務)
  • 〇特定技能所属機関の随時・定期の届出サポート(行政書士業務)
料金
特定技能1号にかかる管理費
(最長5年間)
特定技能1号外国人1人につき
  • ・近畿圏内  35,000/月
    内訳:
    在留資格・届出サポート(行政書士) 10,000
    支援業務 17,000
    送出し機関管理費 8,000
  • ・それ以外  38,000/月
    内訳:
    在留資格・届出サポート(行政書士) 10,000
    支援業務 20,000
    送出し機関管理費 8,000
近畿圏内以外で、特定技能1号外国人の人数が2人以下の場合1人につき 3,000

※上記金額に含むもの
・カンボジア送出し機関への管理費 8,000
(送出し機関により変動あり)
・支援業務にかかる交通費、宿泊代、通訳費用等の諸経費

※特定技能1号外国人のビザ申請に関する下記の費用は、上記の管理費には含みません。必要に応じて、別途ご請求させていただきます。
・申請手数料(在留資格変更許可申請・更新許可申請ともに、申請手数料4,000円)
・必要書類の取得手数料(日本の役所関係に限る)
・近畿圏内以外の入管への交通費、宿泊費
・郵送料、外国書類の翻訳費用  等

※受任後、前受金として管理費1ヵ月分の金額をお支払いいただいてから業務を始めます。ビザ申請が許可となった場合、前受金は初月の管理費に充当いたします。万が一不許可の場合は、ビザ申請手数料として受領させていただきます。

※ビザ申請が不許可の場合、ご希望により、入管で不許可理由の聴取した結果再申請可能と判断できた場合、再申請いたします(再申請にかかる報酬はいただきません。)。

特定技能1号外国人受入れ 基本サポートプラン

特定技能1号外国人の受入れに関する基本的なサポートをいたします。

サポート内容

  • 〇受入れ時の特定技能1号外国人のビザ申請手続き(行政書士業務)
    • ・海外からの呼び寄せ(在留資格認定証明書交付申請)
    • ・国内に在留中の外国人(在留資格変更許可申請)
  • 〇特定技能1号外国人への支援サポート(登録支援機関としての支援業務)

※当プランには、特定技能1号外国人の在留資格更新許可申請・特定技能所属機関の随時・定期の届出サポートは含まれません。これらが必要な場合は、オプションメニューをご参照ください。

料金
特定技能1号にかかる管理費
(最長5年間)
特定技能1号外国人1人につき
  • ・近畿圏内  27,000/月
    内訳:
    初回在留資格(行政書士) 2,000
    支援業務 17,000
    送出し機関管理費 8,000
  • ・それ以外  30,000/月
    内訳:
    初回在留資格(行政書士) 2,000
    支援業務 30,000
    送出し機関管理費 8,000
近畿圏内以外で、特定技能1号外国人の人数が2人以下の場合1人につき 3,000

※管理費に含むもの
・カンボジア送出し機関への管理費8,000
 ※送出し機関により変動あり
・支援業務にかかる交通費、宿泊代、通訳費用

※特定技能1号外国人のビザ申請に関する下記の費用は、上記の管理費には含みません。必要に応じて、別途ご請求させていただきます。
・申請手数料(在留資格変更許可申請・更新許可申請ともに、申請手数料4,000円)
・必要書類の取得手数料(日本の役所関係に限る)
・近畿圏内以外の入管への交通費、宿泊費
・郵送料、外国書類の翻訳費用  等

※受任後、前受金として管理費1ヵ月分の金額をお支払いいただいてから業務を始めます。ビザ申請が許可となった場合、前受金は初月の管理費に充当いたします。万が一不許可の場合は、ビザ申請手数料として受領させていただきます。

※ビザ申請が不許可の場合、ご希望により、入管で不許可理由の聴取した結果再申請可能と判断できた場合、再申請いたします(再申請にかかる報酬はいただきません)。

オプションメニュー

特定技能1号外国人受入れ基本サポートプランをお申込みの場合、
その他必要な手続きについて、下記の料金とさせていただきます。

手続き内容 料金
特定技能1号ビザ申請 特定技能1号ビザの期間を延長したい
(在留期間更新許可申請)
特定技能1号外国人1人につき60,000
期限まで30日を切っている場合
特定技能1号外国人1人につき 10,000
自己申請・他者申請による不許可からのリカバリー
特定技能1号外国人1人につき 20,000
相談料 30分ごとに 3,000
特定技能所属機関の随時・定期(年4回)の届出サポート 15,000~/回

※近畿圏内の入管以外への申請代行の場合は、上記金額に日当10,000を加算いたします。

※サービス料金は、特定技能1号外国人の人数・特定技能所属機関の所在地等により異なりますので、個別にお見積りいたします。

※ビザ手続きの申請手数料、必要書類の取得手数料、交通費、郵送料、翻訳費用等については、サービス料金とは別にご請求いたします。

※前受金としてサービス料金の半額を先にお支払いいただいてから業務に着手いたします。残金は申請書類完成後に諸経費と合わせてご請求します。残金のお支払いを確認後、入管へ申請いたします。

※報酬・必要経費が5万円未満となる場合は全額前払いとなります。お支払い確認後、業務に着手いたします。

※万が一ビザ申請が不許可の場合、下記のいずれかの方法をご検討ください。
・入管で不許可理由の聴取後、可能であれば再申請する。(再申請にかかる報酬はいただきません。)
・報酬の30%を書類作成手数料として控除した金額を返金する。(ただし、お客さま側の責任での不許可の場合は、返金には応じかねます。)

特定技能1号ビザ申請 サポートプラン

特定技能1号外国人に関するビザ申請等(行政書士業務)をサポートいたします。

  • ・海外からの呼び寄せ(在留資格認定証明書交付申請)
  • ・国内に在留中の外国人(在留資格変更許可申請)
  • ・受入れ中の特定技能1号外国人の在留期間更新許可申請
  • ・特定技能所属機関が行う随時・定期の届出サポート   等

※特定技能1号外国人支援サポート(登録支援機関としての支援業務)は行いません。

手続き内容 料金
特定技能1号ビザ申請 海外から外国人を呼びたい
(在留資格認定証明書交付申請)
特定技能1号外国人1人につき150,000
国内に在留中の外国人を雇いたい
(在留資格変更許可申請)
特定技能1号外国人1人につき150,000
特定技能1号ビザの期間を延長したい
(在留期間更新許可申請)
特定技能1号外国人1人につき80,000
自己申請・他者申請による不許可からのリカバリー
特定技能1号外国人1人につき 30,000
期限まで30日を切っている場合
特定技能1号外国人1人につき 20,000
相談料 30分ごとに 5,000
特定技能所属機関の随時・定期(年4回)の届出サポート 20,000~/回
顧問契約(ご相談、随時・定期の報告等) 30,000~/月

※近畿圏内の入管以外への申請代行の場合は、上記金額に日当10,000を加算いたします。

※サービス料金は、特定技能1号外国人の人数・特定技能所属機関の所在地等により異なりますので、個別にお見積りいたします。

※ビザ手続きの申請手数料、必要書類の取得手数料、交通費、郵送代、翻訳代等については、サービス料金とは別にご請求いたします。

※前受金としてサービス料金の半額を先にお支払いいただいてから業務に着手いたします。残金は申請書類完成後に諸経費と合わせてご請求し、残金のお支払いを確認後、入管へ申請いたします。

※報酬・必要経費が5万円未満となる場合は全額前払いとなります。お支払い確認後、業務に着手いたします。

※万が一ビザ申請が不許可の場合、下記のいずれかの方法をご検討ください。
・入管で不許可理由の聴取後、可能であれば再申請する。(再申請にかかる報酬はいただきません。)
・報酬の30%を書類作成手数料として控除した金額を返金する。(ただし、お客さま側の責任での不許可の場合は、返金には応じかねます。)

特定技能1号ビザ申請のサービス内容 
※各プラン共通

  1. ビザ申請手続きに関する総合的なコンサルティング&相談無料
  2. 必要書類のリストアップ
  3. 必要書類の収集代行(※日本の役所関係に限る)
  4. ビザ申請書類の作成
  5. 理由書の作成(※必要に応じて)
  6. ビザ申請書類一式のチェック
  7. 入管への申請代行
  8. 入管からの質問状・追加資料提出の対応
  9. 定期的な審査の進捗確認
  10. 結果通知の受取
  11. 在留カードの受取(変更・更新の場合)
  12. 在カンボジア日本国大使館へのビザ(査証)申請手続きコンサルティング(認定の場合)

その他手続き

特定技能外国人への支援サービス

サービス名 料金
特定技能1号外国人向け支援業務(最長5年間) 特定技能1号外国人1人につき
  • ・近畿圏内  25,000/月
    内訳:
    支援業務 17,000
    送出し機関管理費 8,000
  • ・それ以外  28,000/月
    内訳:
    支援業務 20,000
    送出し機関管理費 8,000
近畿圏内以外で、特定技能1号外国人の人数が2人以下の場合1人につき 3,000

※カンボジアからの特定技能外国人の支援が可能です。

※支援業務の内容により、料金が異なります。

※管理費に含むもの
・カンボジア送出し機関への管理費8,000 ※送出し機関により変動あり
・支援業務にかかる交通費、宿泊代、通訳費用

登録支援機関登録・更新申請サービス

サービス名 料金
初回相談料
※ご相談後、正式にご依頼いただいた場合は、
サービス料金に充当します。
30分ごとに 5,000
登録支援機関の登録申請(新規)
200,000
申請手数料 28,400円
登録支援機関の更新申請
※登録の有効期間は5年間です。
有効期間の更新を希望の場合は更新申請が必要です。

150,000
申請手数料 11,100円
顧問料 30,000~/月

※申請手続きにかかる申請手数料、交通費、郵送代、翻訳代などの実費については、サービス料金とは別にご請求いたします。

※ビザ申請等、その他の手続きが必要となった場合、上記金額とは別途、各種サービス料金等が必要となります。

建設業での受入れをご希望の場合

全産業に共通の条件の他、外国人を雇用する建設会社(特定技能所属機関)には、特に、下記の条件が求められています。

  1. 建設業法第3条の許可を受けていること。
  2. 国内人材確保の取組を行っていること。
  3. 1号特定技能外国人に対し、同等の技能を有する日本人が従事する場合と同等以上の報酬額を安定的に支払い、技能習熟に応じて昇給を行う契約を締結していること。
  4. 1号特定技能外国人に対し、雇用契約を締結するまでの間に、当該契約に係る重要事項について、母国語で書面を交付して説明すること。
  5. 当該機関及び受け入れる特定技能1号外国人を建設キャリアアップシステムに登録すること。
  6. 外国人の受入れに関するア①の団体(当該団体を構成する建設業者団体を含む。)に所属すること。
  7. 特定技能1号の在留資格で受け入れる外国人の数と特定活動の在留資格で受け入れる外国人(外国人建設就労者)の数の合計が、特定技能所属機関の常勤の職員(外国人技能実習生、外国人建設就労者、1号特定技能外国人を除く。)の総数を超えないこと。
  8. 国土交通省の定めるところに従い、1号特定技能外国人に対する報酬予定額、安全及び技能の習得計画等を明記した「建設特定技能受入計画」の認定を受けること。
  9. 特定技能所属機関は、国土交通省又は国土交通省が委託する機関により、⑧において認定を受けた計画を適正に履行していることの確認を受けること。
  10. ⑨のほか、特定技能所属機関は、国土交通省が行う調査又は指導に対し、必要な協力を行うこと。
  11. そのほか、建設分野での特定技能外国人の適正かつ円滑な受入れに必要な事項

※下記の手続きをご依頼いただく場合、特定技能1号ビザ申請における各種サービス料金、手続きに関する諸経費等とは別途、料金をご請求させていただきます。金額については、個別・具体的にお見積りいたします。

※その他必要な手続きが発生した場合も同様に、サービス内容・料金等について、個別・具体的にご提示させていただきます。お気軽にご相談ください。

手続き 内容
建設キャリアアップシステムに登録 特定技能1号外国人 新規・更新
事業者 新規・更新
建設業許可 個人 都道府県知事 新規・更新
国土交通大臣 新規・更新
法人 都道府県知事 新規・更新
国土交通大臣 新規・更新
「建設特定技能1号受入計画」の認定申請

●万が一、不許可になってしまったら…●

当事務所は、お客さまにご満足いただける結果を出すことを目指して、全力でサポートさせていただきます。しかし、ビザ申請の結果については、最終的には入管が決定するものであり、「100%、許可が出ます。」ということは、どんな事務所でも不可能です。
万が一、ご依頼いただいて当事務所より申請したにも関わらず、不許可となってしまった場合には、その理由を調査したうえで、下記のうち、お客さまのご希望の方法でご対応いたします。

  • 1. リカバリー可能であれば、再申請を無料でいたします(手続きにかかる実費を除く)。
  • 2. お支払いいただいた料金のうち、書類作成手数料として40%の金額、手続きにかかった実費を除いた金額をご返金いたします。

※ただし、お客さま側の責任により不許可となった場合はご返金できません。

【例】
  • ・都合の悪い事実を隠していた場合
  • ・虚偽の内容で申請していた場合
  • ・当事務所に偽造した書類を提出していた場合
  • ・ご依頼いただいた後、および、申請中に犯罪があった場合
  • ・税金等を払っていない場合(法人・事業にかかる税金、個人事業主にかかる税金、外国人側の住民税等)
  • ・申請に必要な質問にお答えいただけない場合、および、必要書類の提出・収集にご協力いただけない場合
  • ・入管からの追加資料の提出依頼にご協力いただけない場合
  • ・お客さま側の都合により、申請を取下げる場合(入社辞退、採用中止など)

●その他の注意点●

  • ・手続きの申請手数料、必要書類の取得手数料、交通費、郵送代、翻訳代などの実費については、サービス料金とは別にご請求いたします。
  • ・当事務所が取得を代行できない証明書等もございますので、その場合はご協力をお願いいたします。
  • ・サービス料金は、報酬額の目安となります。具体的な金額については、お客さまの状況により異なりますので、お客さまお1人お1人に合わせて、お見積りさせていただきます。

新型コロナウイルス感染症対策について、当事務所の取り組みを記載しております。

新型コロナウイルス感染症対策について